機能性表示食品はなぜノンカフェインの商品が多いのか

機能性表示食品はノンカフェインをアピールした商品が目立ちます。コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインにはメリットがある反面、デメリットも存在しています。摂りすぎないためにはカフェインの含有量を把握しておく必要があるでしょう。

ここではノンカフェインの機能性表示食品が選ばれる理由、カフェインの摂取による身体への影響などについて紹介しています。

ブルーベリーを使用した機能性表示食品

機能性表示食品のお茶にはカフェインが含まれる商品がある

機能性表示食品は機能性を表示する旨を消費者庁に届け出た食品を指しています。パッケージには届出番号が記載されており、一般的な健康食品と区別されています。病気を治すことが目的ではなく、あくまでも健康維持のために活用されるものです。

機能性表示食品は粒やカプセルタイプが多いですが、お茶やヨーグルトなどもあります。特定保健用食品は国の審査をパスする必要があるのに対して、機能性表示食品は審査がありません。消費者庁の認可を受ける必要はないので、消費者庁許可のマークも記載されていないです。

多くの機能性表示食品はカフェインがゼロや微量であるのに対して、お茶に関しては比較的多く含まれている場合があります。特に緑茶はカフェインの含有量が多いので、飲みすぎには注意してください。カフェインの影響を受けやすい人だと、摂りすぎると睡眠を妨げてしまう可能性があります。

就寝前にコーヒーや緑茶を飲むのは避けるべきだと言われる所以です。カフェイン耐性が弱い人は、ノンカフェインの機能性表示食品を活用してみましょう。

カフェイン飲料を飲むとどんな影響がある?

健康によいお茶を飲みたいという人は、機能性表示食品のお茶を選択する傾向があります。お茶を水の代わりに利用する人だと、1日に1.5リットル以上も飲んでいるケースが多々あります。カフェインを含有するお茶を大量に飲んだ場合は、覚醒作用や利尿作用などが生じる可能性があるので要注意です。

利尿作用は身体から水分を排出する働きであり、水よりも緑茶を飲んだほうがトイレは近くなります。カフェイン入りの飲料は就寝する4時間前からは飲まないほうがいいと言われています。就寝前も気軽に飲める機能性表示食品のお茶を探している人は、ノンカフェインタイプを検討してください。

穀類から作られたお茶は基本的にカフェインが含まれていません。麦茶は代表的なノンカフェイン飲料で、就寝前に飲んでも問題ないです。夏場の飲み物として麦茶が推奨されますが、これは水分補給に適しているからです。

コーヒーや緑茶などで水分補給をすると、利尿作用によって摂取した以上の水分が排出されます。結果的に脱水症状が起こり、すぐにのどが渇くという状況になりやすいのです。

カフェインの摂りすぎには注意を

機能性表示食品のお茶はノンカフェインをアピールしたものが多いです。カフェインは眠気を防止したり、集中力を上げたりするために役立ちます。一方で相応のデメリットもあるので、場所や時間を選んで利用する必要があります。

ノンカフェイン茶は水の代用にできますし、食事で不足しがちなミネラルを補給するためも便利です。例えば麦茶ならカリウムやカルシウムなどを補給できます。お子さんや妊婦中の女性などは身体が繊細なため、カフェインは摂りすぎないようにしてください。

当然ながらカフェインの摂取量が同じならば、身体の小さい人ほど影響を受けやすいです。

もしカフェイン入りの飲料を飲むのであれば、食後のタイミングが適しています。コーヒーを食前に飲んで胃が荒れるという人は、食後に飲めば問題ないことが多いです。胃の中に内容物がある状態ならば、カフェインによる刺激を軽減できます。

ノンカフェインとカフェインレスは同じではない

ノンカフェインとカフェインレスは混同されがちですが、両者の意味は異なります。ノンカフェインはカフェインがゼロであり、カフェインを含まない原料を使用することで実現します。一方のカフェインレスに関しては、カフェインを極力取り除いて一部だけ残っている状態です。

コーヒーにはもともとカフェインが含まれており、それをすべて取り除こうとしてもゼロにはできません。それゆえカフェインレスコーヒーという名称で販売されているのです。微量のカフェインの場合はノンカフェインと大差がないので特に気にする必要はありません。

どちらも就寝前の水分補給として活用できますが、コーヒーにはクロロゲン酸という苦み成分が含まれているので、空腹時に大量に飲むのは避けてください。飲んだあとに胃がムカムカするようならば、刺激が強すぎるのでさらに薄めましょう。

ノンカフェインの機能性表示食品が注目されるわけ

カフェインは刺激性がありますし、毎日大量に摂り続けると習慣化するケースがあります。コーヒーや濃い緑茶が大好きという人は、カフェイン依存症かもしれません。毎日飲んでいる飲料がきっかけで、知らず知らずのうちにカフェイン依存症を発症する人は少なくありません。

自律神経の乱れや不眠症・胃痛などを招く可能性があるため、カフェイン飲料を習慣的に飲んでいる人は機能性表示食品のノンカフェイン飲料を代用しましょう。近年は健康志向が向上しており、健康食品業界は商品開発にしのぎを削っています。

食品とは無関係だった企業も健康食品の製造に乗り出しているほどです。ノンカフェインの機能性表示食品が人気の理由は、身体にやさしい食品を求める人が増えたためです。ブレンド茶は風味豊かでカフェインを含まないものが目立ちます。

ターゲットを大人だけでなく子どもにも広げる目的で、ノンカフェイン商品をアピールする会社は少なくありません。機能性表示食品には食物繊維を配合した商品も多く、食後の糖をサポートする商品として注目されています。

通常のノンカフェイン茶はいつ飲んでも問題ありませんが、食物繊維を配合したものは、食事を摂りながら飲むことが推奨されています。特に野菜をあまり食べない人は繊維質が欠乏しやすいので、飲み物から食物繊維を摂るのがおすすめです。

一般的な健康食品より高い実感を得たいという人は機能性表示食品を活用してみましょう。

ノンカフェインならいつでも摂取できる

健康維持を目的に機能性表示食品を利用するなら、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。近年はノンカフェインを売りにする商品が増えており、身体への刺激が弱いのが特徴です。身体がデリケートな子ども、妊娠中の女性なども安心して摂ることができます。

カフェインは脳を覚醒させたり、トイレの回数を増やしたりする働きがあるので、カフェイン入りの食品を利用するときは就寝前を避けるなどタイミングに注意してください。